即日融資が可能なカードローンとは

カードローンは大きく銀行系とそれ以外のものに分類することができます。いずれの場合にも即日融資が可能なものが存在します。銀行系カードローンの特徴はそれ以外のものと比較して金利が安い傾向があり、貸金業法の適用を受けないため総量規制の対象外であるという点にあります。一般的なカードローンの年間金利はおよそ2%から18%です。各社とも利息制限法が融資額が10万円以上100万円未満の場合の金利上限である18%を基準にしています。銀行系のカードローンでは上限金利が15%ほどで10%以下の場合もあります。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」、新生銀行の「レイク」などは銀行系カードローンでありながら即日融資も可能です。三井住友銀行の場合には、ローン契約機で申し込むか電話で申し込んでローン契約機でカードを受け取る方法により即日融資を受けることができます。(即日カードローン比較で一番お気に入りのサイト

三菱東京UFJ銀行ではテレビ窓口と呼ばれる独自の自動契約機を使用するか、ホームページから申し込みを行いテレビ窓口で契約手続きを行います。新生銀行は自動契約機かホームページから申し込みを行うことができます。契約手続きは自動契約機かインターネット契約を利用します。後者の場合には指定口座に入金してもらうことも可能です。指定口座への入金を受けるためには平日14時までに一定の手続を行うことが必要となります。各銀行とも即日融資が可能ですが、営業時間に注意することが求められます。銀行系カードローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超過する融資を行うことができます。融資額に法的な規制がない一方で、多額の融資が行われる場合には審査が厳格に行われることになります。銀行系以外であれば総量規制の対象となるため、審査通過は比較的容易です。アコムやプロミス、アイフルの他にモビット、ノーローン、オリックスVIPローンカードでも即日融資を受けることができます。ノーローンの場合には最短20分で審査が完了します。